穴場アイランドリゾート♡クッド島でまったり休日

その他

バンコクからバスと船を使って9時間ほどかけてクッド島へやってきました!!
行き方 

移動がかなりかかるので、できれば2、3泊できるスケジュールを確保したい島です。
どちらかというと、しずかにまったりと過ごすのに向いていると思います。
ビーチのハンモックで読書したり、木陰のバーでフレッシュジュースやカクテルを飲んだり。
もちろんカヤックやシュノーケルも出来ますよ!

ホテルで借りられました。

クッド島の簡略マップです。(クリックで拡大します)

大通りとスポットを書き込んでみました。

島としてはかなり大きくさらに坂道が多いので、ホテル周辺だけで過ごすなら問題ありませんが、私たちは散策したかったのでレンタルバイクを借りました。
そんなに隅々まで道はなく、開拓もされてないみたいですね。
サメット島なんかは、レンタルバイクのお店が何件もありましたが、こちらはホテルで借りることが多いようです。

左上にソネバキリがあります。
湾に囲まれており、外側からも見えないし、完全にプライベート空間になっています。
ツリーレストランが有名ですよね。

ソネバキリの料金をチェックしてみる

モルディブに泊まるよりはお手軽!あとスワンナプームからのプライベートセスナの送迎を体験してみたい💛

クロンチャオの滝(Klong Chao)

まず行ってみたのが、真ん中あたりにある滝

滝の上に出てみました。
そこまで高さはないですが、飛込み不可でした 😉

タイで透き通る水を見るとは。。。
この近くのビーチが一番ホテルも多く、にぎやかだと思います。

島いちばんのシーフードレストラン

朝食はホテル、昼食は散策した近辺で、という感じだったのですが、晩御飯は毎回シーフードレストラン街へ行っていました。
ホテルでも「この島で一番おいしいよ」と教えてもらったのですが、ほんとに新鮮で味付けもすごく美味しかったのでお勧めです!
地図の右下のところですね。
レストランと言うより、食堂が並んでいる感じなのですが、海の上に足場を組んで建って居るので、足元に魚が見えたり、月明かりを感じながら食事ができます
ここでいただいた「プラームック ガティアム(イカのニンニク炒め)」は、今のところ他の追従を許していません(笑)
ハタの煮つけも美味しかったです。
そしてリーズナブル✨
美味しすぎてすっかり写真を撮るのを忘れていることに、帰ってきてから気づきました。
是非行って確かめてみてください。。。

ほぼプライベートビーチ付きのホテル

ホテルはこちらに泊まりました。
The Sunshine Resort
地図の下真ん中あたりです。

港から一番遠いと言っても良い場所なんですけど、そのおかげで静かですし、ビーチもプライベートビーチさながらでした。

お部屋はコテージタイプ🎶お庭もビーチもきれいに整備されていて、すごくよかったです。おすすめ!

後何がいいって、島で一番のお食事処に近いのが嬉しいですね。
近いと言ってもバイクいるんですけど。

それから、始めにカヤックやシュノーケルも出来ますと書きましたけど、こちらのホテルでカヤックを借りました。
ライフジャケットも貸してもらえるので、自前のシュノーケルのゴーグルを使って遊びました。
タイのアイランドリゾートはたくさんあるし毎回借りるよりも買ってしまった方がいいかなぁと。
あと、自分だけしか使ってない安心感とか


フィンは無くてもいいと思うので、マスクだけでも持っていくと、気軽に楽しめると思います。
アイランドリゾートって癖になっちゃうんですよね~!

都会の喧騒を忘れて、”のんびりする”をやるにはピッタリのクッド島でした。

コメント