タイの一押しアイランドリゾート!クッド島への行き方

行き方

カンボジアとの国境の町トラート県からさらに船というバンコクからだとかなり遠いのですが、それでもお勧めしたくなるリゾートでした 😆

タイのモルディブと噂の ソネバキリのある島ですよ

クッド島へ行こう

トラート県まではマーク島と同じです。
国内線で飛行機という選択肢もありますが、空港へのアクセスや時間を考えたら一緒じゃない?ということになりいつものようにバスで行きました。
小さなお子さんがいる方は飛行機も選択肢に入れてよいかと。

行程の前に理想のタイムスケジュール書いておきますね。

エカマイ バスターミナル 5:00発

トラート バスターミナル 11:00着

レームソック港 12:30発

クッド島 14時ごろ?

なかなかの移動です。頑張りましょう^^

エカマイ~トラート

まずはいつもここから!エカマイのバスターミナルへ。

入って右手奥にTRAD行きのカンターがあります。有名なチャン島(KHO CHANG)行と同じバスなので、結構目立つところにあるので安心です。
くれぐれもBIG BUSのチケットを間違えずに購入しましょう。
ロットゥ(ハイエース)の方に乗ったら、荷物が多い時は心が折れちゃう。。。

時刻表(クリックで拡大)

実は、本土からクッド島への船便が一日一便12:30発しかないので、5:00発がおススメです。寝てればいいですしね。
もしくは前ノリすることになります。
バスターミナルの横にコンビニがあるので、菓子パンやお菓子など買っておくと良いかも。
250mlのお水はバスに乗った後に貰えます。
あと、先にも書きましたがチャン島に行く人が多いので、連休などは事前にバスチケットを購入しておくのが◎

トラートのバスターミナルがここです。

トラートのバスターミナルの前に一度別のバスターミナルに寄ります。トイレ休憩はそこだけでした。
だいたい6時間くらいです。

トラート バスターミナル~レームソック港

トラートのバスターミナルにつくと、ソンテウのおじさんが待ち受けていて、行先別にどんどん仕訳けていってくれます(笑)
チャン島行が圧倒的に多いので、「パイ コークッド(クッド島に行きます)」とアピールをお忘れなく!
クッド島行の船を予約すると、送迎もついているのでそのソンテウを教えてくれるはずです。

帰りのバスチケットも買えそうなら買っといた方が良さそうです。
私たちは帰りのバスを一本待つことになってしまいました。帰りも船が一便しかないので、皆同じバスの取り合いになるんです^^;
帰りの船はクッド島10:00発のみなので、13時発のバスが丁度良いと思います。余裕を見るなら14時でしょうか。

チケット売り場は、BIG BUSとロットゥのカウンターが並んでいるので、ここでも間違わないようにしてくださいね💦

船のチケットはホテルの予約の際に一緒に手配してもらいました。

ホームページで料金や時間が確認できます。自分で予約する場合もこちらから
Kho Kood Princess

港で予約名を告げるとチケットをくれるので、そこで支払いをします。
レームソック港は待合所などもあって結構きれいでした。

レームソック港~クッド島

船は小型のスピードボートじゃないのであまり揺れず、冷房が効いている部屋もあって快適でした。

ちなみにクッド島はここです↓

ただ、寝不足&空腹の時は酔いやすいので、酔いやすい人は飲んでおいたほうが良いかも。


【第2類医薬品】トラベルミンチュロップ ぶどう味(6錠)【トラベルミン】

こういうアメちゃん仕様の水が無くても飲めるタイプはこういう時助かりますね!

クッド島に着くと、そこでもソンテウのおじさんたちが待ち受けていて、ホテルへ送迎してくれます。
往復無料でした。
帰りはホテルで帰りの船を予約してもらったらそれに合うようにお迎えに来てくれましたよ。

港が島の北端にあり、私が泊まったホテルは最南端だったので、そこからさらに30分かかったのでくったくたになりました。
でもホテルに着いたらテンション上がりまくりますよ!

ちなみにソネバキリに泊まるなら、スワンナプーム国際空港へ行けば、セスナでホテルまで送迎してくれるそうです。。。

コメント