タイの小松菜風野菜 広東菜【Pak Kwang tong】

スーパー
代用っていうかこれが良い

和食を作るとき、タイでもいろいろ食材は手に入るのですが、タイ野菜に比べると高価な場合が多いので料理が偏りがち…
タイ野菜を使いこなせたら日々の食事のレパートリーが増えそう♪
というわけで、スーパーで見かけた小松菜っぽいものを食べてみました。

広東菜というらしい

ヴィラマーケットの野菜売り場をさまよっていたところ出会いました。

見た目は、茎の長い小松菜。
タイ語の表記は「Kwangtong bai」となっており、直訳で広東葉(菜)です。

24バーツと経済的なお値段✨
中国野菜の「菜心」と同じような種類とのこと。
どちらもアブラナ科ですが、小松菜は(年中栽培できるけど)旬が冬に対し、菜心は夏が旬という違いがあります。
フジスーパーでも見かけましたが、こちらは「Pak Kwangtong」と書かれていました。
こちらの呼び方の方がタイでは多いようです。

またフジスーパーで黄色い菜の花のような花付きの野菜を見ることがあるのと思いますが、この広東菜と同じものだそうです。
広東菜と呼ばれている花が付く前は茎が柔らかいのですが、花が付くと固くなりブロッコリーの茎のような触感に変わります。

広東菜はβカロテンやカルシウムが豊富で、他にもビタミンB1,B2,Cや鉄など栄養豊富なお野菜とのこと。
小松菜はビタミンAが豊富らしいので、見た目はにていてもちょっと栄養素は違うようです。

食べてみました

今回は少し前に鉄ワンダッシュで紹介されていた、「小松菜のホットサラダ」のレシピを参考に作って食べてみました。
詳しいレシピは本家↑を参照してください。
【材料】
広東菜(小松菜)
ベーコン
しめじ

ブラックペッパー
マナオ(本家はレモン)

ショウガ
醤油
一味(乾燥唐辛子など)
サラダ油

【作り方】
広東菜は茎と葉の部分を分けて、茎は一口サイズに切る。
ベーコンも一口サイズに切り、しめじもばらしておく。

ベーコン→茎→しめじ の順で炒めて塩コショウで味を調えレモンを絞る。
なじんだらお皿に取り出す。

使っていたフライパンに、ショウガ以下の材料を入れて油を熱する。

具の入れたお皿に葉の部分をかぶせ、その上から③をかけて混ぜ合わせる。

出来上がり。
私の買った広東菜は葉が大きかったので、半分に切って使いました。

最後に油を回しかけるだけなのに、葉にもちゃんと火が通ります。
このレシピはお気に入りで、小松菜を見つけたら作っていたのですが、今回からは手に入りやすい広東菜でいつでも作れてうれしいです^^
ちなみに食べ終わってから、相方に今回は小松菜ではないと伝えたら驚いていました。
意識して食べないと気付かないようなので、その他の小松菜料理にも使えそうです。

「Wom Bnagkok」でもピックアップされていました。
こちらのレシピも手軽で美味しそう♪

購入場所

花の付く季節になると、小松菜というよりケールに近い姿になってしまうので、ある意味季節野菜のようです。
市場の野菜店以外だと、

・ヴィラマーケット
・フジスーパー

にあるのは確認しました。
他のスーパーでも確認できたら追加していきますね。

コメント