火タラ・木タラへ センセープ運河からの行き方など

専門店
雨が止んだら船でお出かけ

雨の最中・後はあんまりお勧めできませんが、それ以外の移動におススメなのがセンセープ運河の舟移動です。
安い&渋滞知らず。
特に火タラ・木タラが開かれる、シーナカリン ウィロート大学には直で乗り付けられるので楽ちんです!
雨期明けの予報もあったことですし、スクンビットからシーローで向かっている人にも試して欲しい移動報道です♪

火タラ・木タラの場所

火タラ・木タラとは
火曜日タラート(市場)・木曜日タラートの略で、日本人がそう呼んでいるだけですが、スクンビットsoi23のパクソイに居るシーローの運転手さんなら通じるほど浸透しています。

場所はアソーク通りとペプリーの交差点付近にあるシーナカリンウィロート大学です。
中央の芝生とアソーク通の間で衣料品や雑貨文具、食べ物屋台などが出店しています。
旅行者が行って楽しい、というよりは住んでる人にとって便利な市場という感じですね。

シーナカリン ウィロート大学

タラートの開店時間
OPEN:7:00~14:00ごろ
火曜・木曜のみ

大学のこの辺↓で開かれています。

★の所が入り口です。

行き方 舟・シーロー・バス

おススメのセンセープ運河バスの方法を中心に紹介しますね。
★1
センセープ運河から
「プラーサンミット(Prasan Mit)」で降ります。
舟の乗り方は こちらの記事
料金表は船着き場にあるので最新のものを確認してください。
トンロー→プラサンミット 12バーツ(2019年10月)
船着き場は大学と繋がっていますので、橋を渡る必要はありません。
トンロー・プロンポン方面から乗ると、左手から降ります。
ITALTHAI(フジ2近くの船着き場)を越えたら左手に寄っておくと良いです
朝は混むので、手荷物に気をつけてくださいね。

船着き場から狭い道を抜けると大学内の大きな道に出ます。
右へ曲がり、そのまま道沿いに歩いていくと、左手に芝生、右手に市場が見えます。
帰りも舟で帰れて便利。

★2
バスでアソーク通り(スクンビット21)から
BTSアソーク駅からバスでも行けます。
ウェスティンホテルの前のバス停から38番に乗ると、アソーク通りをベプリー側へ行けます。
☆2の手前か奥のバス停で降ります。
入り口のちょうど前が横断歩道になっているので渡ればすぐです。
バス停名は難しいので、黄色のエアコンバス以外に乗れば定額なため気楽です。
エアコンバスの場合は「シーナカリンウィロート ユニバーシティ」か「マハーウィティーヤライ シーナカリンウィロート」と伝えてください。

★3
タクシーやシーローで。
どちらの場合もスクンビットsoi23の入り口近くで拾うのがおススメです。
シーローの場合は、「モクタラ」「カタラ」と言えば連れて行ってもらえます。
最近値上げしているみたいですね。
タクシーなら、スクンビット23をまっすぐ突き当りまで行ってもらえば大学入り口に着くので「ソイ23 スックソイ」でOKです。

どんなものを買うの?

お店のラインナップは、始めにも書いた通り、お土産よりも生活用品が多い印象です。
まずは服。
ユニクロ・ZARAなどのB級品のお店があるので、ちょっと見てみると掘り出し物があるかもしれません。

子供服や子供用の水泳用品・おもちゃ・文具が豊富な印象があります。

でも一番人気はお野菜かもしれません。
市場の両端の建物をぐるっと囲むように食べ物屋台と野菜・果物屋台があります。

野菜は量が多いので、お友達と分けても良いかも。
果物は計り売りです。
日本人客が多いので、野菜の名前や果物の名前が分からなくても日本語で通じます。

あと、名物スイーツがあります。
流行り廃りがあるので、決まったものがあるわけではありません。
以前はドーナツでした。今も変わらずお手頃で美味しいと思います。

今はこちらのエッグタルト屋さんかな。

一つ10バーツ~で何種類か味があります。

これはオリジナル。みなさん10個とか20個とかまとめ買いしてました。
確かにお友達の家に遊びに行く時とか良いかも。

果物屋さん近くにあるメロンシェイクも人気らしいです。

1年ぶりくらいに行ったので知りませんでした。
45バーツ。

市場を周っている間の暑さ・水分補給対策にピッタリですよ。

ホーロー容器のお店も人気です。

あと、火曜日のみ出店のベビー用品のお店もあります。
ぬいぐるみ付のタオルやスタイなど、某ブランドのB級品が買えます。(汚れなどは要チェック)

午前中でササっと見て回る市場なので、船を使いこなせるととても便利に買い物できますよ♪


近くにミシュラン掲載のタイ料理屋さん「キアオガイガー(Kiewkaika)」があるのでついでにいかがですか?
キアオガイガー アソーク店に行ったブログ

コメント