カオヤイでグランピング⛺ Lala Mukha Tented resort

その他
子連れでも楽しめるカオヤイのグランピング

ソンクランにカオヤイでグランピング体験してきました。
私が小学校の時に行ってたキャンプとは全然違いますね(笑)
テントリゾートの名前の意味がよくわかりました。
子どもも大人もとても楽しかったので、今後行かれる方の参考に。
今回泊まったのはエコサファリです。

ちなみにソンクランのめっちゃ暑い時期でも、日が落ちると肌寒いくらいでした。
避暑に最適。
イチゴ狩りをする場合は11~3月の乾季がシーズンです。
その時は上着をお忘れなく~

場所

残念ながら公共機関のみでは行くのは難しいので、車とドライバーさんを手配するか、レンタカーで自走するかになると思います。
他のアクティビティやレストランに行くにもあった方が便利です。

Lala Mukha Tented resort

Tel:044300691
HP:http://lalamukha.com/

テントの種類と敷地内マップ

宿泊パターンは3コースあります。
①エコサファリ
お風呂とトイレがテント内になく共有スペースへ行って使います。
テント内にエアコンやテレビ冷蔵庫、金庫、ベッドやソファがあります。
扇風機もありました。

②デラックステント
シャワーとトイレも付いたテント。
人気のシーズンにはこのテントから予約が埋まっていきます。

③ツリーハウス
木の上に造られたロッジ。
複数に家族で行くなら良いかも。

各テントの配置はこんな感じでした。

左下がロビーやレストランなどがある建物。すぐ右側がエコサファリのテントゾーン。
レストランの向かいのつり橋を渡ってすぐがツリーハウスで、その右側がデラックステントゾーンです。
私たちは今回はエコサファリに宿泊しました。

チェックインからお部屋まで

南国リゾート感漂うレセプション

荷物は階段下に置いておいて良いよ、と言われたのですが、人の出入りが多い時間帯はちょっと心配になりました。
チェックインの後、そこからカートに乗せてテントまで送ってくれるんですけどね。

ソファとトイレもあります。
良い雰囲気♪

カートは一台しかないのか順番待ちになったので、ここでゆっくりしていました。
テントが楽しみすぎたので、チェックイン時間ちょっとずらせば良かったかな、とも思いました。

エコサファリは一番近いエリアにあるので、あっという間に到着。
外からだと学校の運動会の本部っぽいテントですが、開けたらびっくり。

リビングも寝室もあって、ちゃんとエアコンも効くし、普通にいいホテル(笑)
出入り口がチャックなので、テントだと思い出させてくれます。
カギが南京錠なのもテントですね。

トイレとお風呂は共同ですが、テントの裏の道を挟んですぐのところにあったので、思っていたより不便はありませんでした。
プールも近くてとても気に入りました。

ベッドの上には可愛い動物のお人形がお出迎えしてくれました。

レセプション横に売られているので、気に入ったら連れて帰ることも可能です。

他の設備としては、扇風機、冷蔵庫、テレビ、金庫も備え付けられていました。

お水もありますが、一番近いコンビニでも買いに行くのが面倒なので、事前に用意して持ち込んだ方が良いかも。
あとは、敷地内移動に使えるサンダルとトートバッグ。
めちゃくちゃ便利でした。

プール

キャンプに来てあんまり入らないものでしょうか。
子どもが大好きなので、我が家は家族全員水着持参でした。
ソンクラン時期は昼間は暑いのでとても気持ち良かったです。
貸し切り状態だったし♪

一応インフィニティプールになっていますが、池の色はタイの池なのでね。
カオヤイの川は透明度高いのですけどね。

深さは二段階になっていて、一歳児がハイハイして顔が出るくらいの深さと、155㎝の私が顔が出るくらいの深さに途中で切り替わっています。

屋根付きの休憩所もあり、そこでドリンクや軽食もオーダーもできるようなのですが、コロナ中は営業していませんでした。
残念。

もうちょっとで再開されるかなぁ。

BBQがやりたくて

レセプションのある建物はレストランも併設していて、基本的にここで食事をすることになります。
ここでタイ料理でも良かったのですが、キャンプと言えばBBQ!という相方の希望により、事前にメールで予約しておきました。
BBQメニューはこちらです。(クリックで拡大します)

2人前くらいのものは、焼きあがったものをサーブされます。
4人前くらいのものから自分で焼くことができます。
我が家は2人プラス1歳児。。。
めっちゃ多いやん。
というわけで、次の日のお昼ごはんにするべく、大きめのタッパーを持参していきました。
ほら。。。フードロス対策になるしね。

17:30~予約可能とのことだったので、一番早い時間にしました。
まだ日のあるうちから開始です。

実物を見ると豪華すぎる…!


BBQセットにはタレとサラダがついています。


ドリンクやご飯などは追加でオーダーしました。

BBQサイト的なところがあるのかと思ったら、レストランの座席近くにセットを用意してもらうというスタイルでした。
日があるうちに始めましたが、おすすめは日が暮れてからです。
日が出ているうちは、ハエがめちゃくちゃたかってきます(´;ω;`)ウッ…
不思議と日が暮れる頃にはほとんどいなくなり、快適に楽しめました。

ドンドン焼きます。
一人が焼いて、一人が食べる。
そして交代。
みたいになるので、少なくとも3人以上じゃないと、自分で焼くスタイルは大変ということが
身にしみました(笑)
二人用セットが焼いてあるものをサーブされる意味が分かった。
あのメニューは正解だった!(^^)!

でも久々のBBQで楽しかったです。
直火での料理も久々だったし。

子どもも赤ちゃんなのにお肉をけっこう食べててびっくりしました。
小さく切るのが間に合わない勢い。

暗くなると、吊り橋や道がライトアップされ、キャンプファイヤーも火がついてとてもキレイでした。

お腹いっぱい大満足で、プラプラ散歩しながらテントに戻りました。
なお飲食のお支払いは、チェックアウト時にまとめてするので、値段を確認してサインだけすればOKでした。
お財布とか持っていかなくて大丈夫です。

お風呂&トイレ

男女別の建屋が向かい合って建っています。
左が男性で右が女性。これは女性用。

入ってすぐが手洗い場兼洗面所。

右の部屋を抜けるとシャワールームです。
脱衣所付きのブースになっていました。


屋根付きのブースと、屋根なしのめちゃくちゃフリーダムなシャワーがあります( *´艸`)

シャンプー、コンディショナー、シャワーソープは用意してありました。

中のブースはそれぞれ水圧が違ったので、要チェックです。

はじめに通り抜けた部屋には大きな鏡とドライヤーがあります。

後コットンも置いてあったかな。
朝のお化粧などはココでゆっくりできます。

ロッカーもありました。

朝食ブッフェ

すがすがしい朝を迎えました✨🌅
めっちゃ涼しくてびっくり。

テントの前の椅子に腰かけて温かいコーヒーをゆっくり飲む。。
優雅な目覚めを堪能してから、朝食ブッフェへ向かいました。


パンとおかゆ(ジョーク)、麺類に調理してもらえる卵料理などオーソドックスですが一通りそろっていました。


ドリンクも充実。

前日お肉ばっかり食べまくったくせに、またがっつり食べてしまいました。
パンが好き。

10時前には暑くなってきたので、帰る前に子供とまたプールで遊んでからチェックアウトしました。

日本に比べてお手軽なお値段でグランピングができるのも◎
もうすこし子どもが大きくなったらまた来たいな。
次は11~3月の🍓イチゴのシーズンに合わせて行きたいと思います。
イチゴ狩りスポットがめちゃくちゃたくさん出来ててびっくりした。

コメント