新駅探検! BTS カセサート大学を福祉バスで巡る🚌

その他
公立の農学部もある大学

バンコクはタクシーも安いので、行こうと思えばどこへでも行けますが、行ったことがない場合はタクシーってハードルが高い気がします。
なので、BTSの範囲が広がるのはとっても嬉しいお知らせです✨

現在(2019年12月)最北のカセサート大学駅は名前の通り大学の目の前にあるのですが、と~っても広い大学です。
横断するのに歩いて30分かかっちゃうという…^^;
なかなか魅力的な場所の様なので、散策に役立ちそうな巡回バスについてメモしておきます。

カセサート大学について

カセサート大学は、タイの国立大学の一つです。
BTSの駅近くにある「バンケーン キャンパス」など国内に7つもキャンパスがあるそうです。
バンケーンキャンパス

バンケーンキャンパスがメインで、タイ初の農学部、工学部などがあり、理系の学科が多いようです。

農学部にはインターナショナルプログラムがあり、日本の関西大学と交換留学などを行っているそうです。
関西出身なので、意外と身近に「タイ」があったことに驚きました。

バンケーンキャンパスの広さは135ヘクタール…
東京ディズニーランドが 51ヘクタール らしいので、その2.5倍以上。
東京ドームだと 28個分 くらいということになります。
広すぎ!

なんせ水族館など様々な施設がありますからね。
校内の移動も大変なので、巡回バスが複数走っているほどです。

巡回バスアプリ

巡回バスは5ルートあり、無料で校内を移動することが出来ます。
バスは20人くらい乗れるカートにタイなものや普通のバスなど車両は色々です。
バス停にある看板↓のQRコードを読み込むと

現在どのバスがどこを走っているかなどが分かるようになっています。
アプリをダウンロードしなくても、QRコードを読み込んだ場合は情報を知ることが出来ますよ。
上の画像からも読み込めると思うので試してみてください。

左下の BUS LINE▲ を押すと、5つのバスルートをそれぞれ表示してくれます。
これはルート3を表示しています。
右下の巡回からちょろっと伸びている先が、BTSから一番近い乗り場です。
はバス停で、タップするとバス停名が分かります。
タイ語なのでコピペで翻訳してみてくださいね。

ルートだけだと巡回順が分かりづらいので、HPに載っていたルートマップも載せておきますね。

私はこの矢印をちゃんと確認していなくて、予定にないカセサート大学遊覧ツアーに出てしまいました^■^;
(横断しようとして3に乗らないといけないのに2に乗りました)

週末は利用者が少なく気兼ねなく乗れるのですが、学生さんが多い時間帯はそちらを優先してあげたいのでバイタクも選択肢に入れつつ、という感じで利用させてもらいたいと思います。

利用しそうなバス停とバスルート

今後行く時に間違わないように、目的地とバスルートをメモしておきます。
行きたいところリストです。
行ったことない場所はマップのリンク、行ったところはブログの記事をリンクしています。

パポヨーティン門(プラトゥ パポヨーティン)
ルート1 バス停 E1 プラトゥ パポヨーティン
ルート2 バス停 E1 プラトゥ パポヨーティン
ルート3 バス停 E1 プラトゥ パポヨーティン
BTS駅前ロータリー
ココから出発してココから帰る。
大事な場所。バイタク乗り場もある。

ウィッタワディランシット門(プラトゥ ウィッタワディ―ランシット)
ルート1 バス停 W1 プラトゥ ウィッタワディ―ランシット
ルート2 バス停 W1 プラトゥ ウィッタワディ―ランシット
ルート3 バス停 W1 プラトゥ ウィッタワディ―ランシット
パポヨーティンと反対側の出入り口。
こちらもバイタク乗り場有り。

Max Beef Butchery
ルート3 バス停 S3 プラガムウォンワン3
ルート2 バス停 S4 プラガムウォンワン3
まさかの焼肉屋さん。農学部で育てた牛さんの焼肉なのでお安くて新鮮なんだとか。
焼肉のタレと白ご飯で日本的な食べ方ですが、お肉の切り方はタイ風っぽいですね。薄切り。
今度の探検のランチは決まった…😀

ロイヤルプロジェクト ショップ
ルート1 バス停 W2 ロイヤルプロジェクトショップ
ルート2 バス停 W2 ロイヤルプロジェクトショップ
ルート3 バス停 W6 サナーム タクロー(タクロースタジアム)
ロイヤルプロジェクトショップ。それほど大きくもないけど昔からあるみたい。
ついでに行ってお買い物して帰るのに良さそう。

バンコク水族館
パポヨーティン門から徒歩ですぐ
訪問済み
20バーツでタイの淡水魚が沢山見れます。
けっこうキレイ。

探索で見つけた場所も足していきますね。

コメント