サメット島を遊びつくす☆アクティビティまとめ

その他

日帰りじゃもったいない!サメット島でできるアクティビティなどのまとめ。
初めて行くけど何ができるの?ツアーって何時からだっけ?などなど
旅行の観光スケジュールを立てる時に役立ててください

バンコクから高速バスでのアクセスはこちらの記事に書いています。

遊びの前に・・・
サメット島はメインのサイケーオビーチやリゾートホテルを含むエリアが国立公園に指定されていて、入場料が必要です。
入島税20バーツとは別ものです。
入り口にゲートと管理局の人がいますので入場パスを購入しましょう。

外国人は200バーツ/人とお安くはないのですが、5日間有効です。
中へ入る度に見せるものなので、肌身離さず持ち歩いてくださいね。出る時はチェックされません。※本土との定期船運航中だけ管理局の人はいるようです。

サメット島でできるアクテビティ

さて、メインのアクティビティです。

着いたらいたるところにこの看板が出ていますので、ホテルでもどこででも申し込みができます。
プログラムを書き出しておきますね。

●ProgramA
サメット島周辺のアイランドホッピング1日ツアー 6島
料金:599バーツ/人
時間:11:00~17:00
シュノーケリングしたりビーチでのんびりできます。
特典:シュノーケリング道具一式・写真用防水ケース・昼食(ドリンク付き)・フルーツ

●ProgramB
サメット島周辺のアイランドホッピング半日ツアー 3島
料金:499バーツ/人 14:00~17:00
時間:シュノーケリングしたりビーチでのんびりできます。
特典:シュノーケリング道具一式・写真用防水ケース・フルーツ(ドリンク付き)

●ProgramC
サメット島のビーチを巡る半日ツアー
料金:399バーツ/人 12:00~15:00
時間:シュノーケリングしたりビーチでのんびりできます。
特典:シュノーケリング道具一式・写真用防水ケース・フルーツ(ドリンク付き)

●ProgramD
サンセット観覧ツアー
料金:参加人数による
時間:15:00~日没まで
海上から水平線に沈む太陽が見れます。以前参加した時は、近くをイルカが通って盛り上がりました。タイミングが合えば、ですけど。。


上記の広告にないツアー

●イカの夜釣りツアー
料金:500バーツ(参加人数が極端に少ないと増えることもあります)
時間:19時~
特典:イカ釣り道具(my道具持ち込み可)ドリンク・フルーツ・釣れたイカの料理
※ナダン港のセブンイレブン近くに受付があります。夜もそこに集合して行きます。釣果は季節によりけりで、全くつれないことも。
小さなお子様も参加していました。

1DAY 船釣りツアー
料金:人数による
時間:未確認(すみません)朝からだと思います。
特典:昼食(ドリンク付き)・釣り道具など
※結構な大物も釣れることがあるようです。鯵がメインかな、と思います。

パラセイリング
料金:未確認
時間:9:00ごろ~明るい内
※最近増えているようで、サイケーオビーチだけでなく、いろんなビーチで受付していました。

ツアーに参加しない楽しみ

ツアーでなくても十分ビーチも景色も美しいので楽しめます。

●日の出・日没 ビューポイント
島の最南端に日の出と日没のビューポイントがあります。
サイケーオビーチなどからは歩いていける距離ではないのですが、バイクをレンタルしたら行きたいスポットです。

左に行ったら日の出、右に行ったら日没ポイント

地平線が広がっています。

●ビーチ(サイケーオ・アオプラオなど)
有名どころ2カ所。
サイケーオは一番メインなので、巨大な浮き輪やカヤックのレンタル、ビーチでのマッサージなどいろいろと豊富です。
バーでドリンクを頼めばお店のビーチチェアが使えます。
それ程深くなくてもちゃんと魚が泳いでるのを見れるのも◎
ただしオンシーズンは人が多いし、売り子さんがすごいです。

アオプラオはホテルの専用ビーチに近いので、ビーチチェアなど使えないのですが、ビーチの清掃がかなりきれいにされていたり、小さな湾になっていて、穏やかなので小さい子供さん連れには良いかも。
ただサイケーオから歩いていくのは厳しいので、バイクのレンタルをお勧めします。

●ファイヤーダンス
ディナータイムはサイケーオビーチでファイヤーダンスが見られます。
決まったお店の前で行われるので、そのお店で食事するか、見てから別の所で食事するかになりますね。

●海鮮タイ料理
バンコクでも食べる物との鮮度が違います。エビもイカもプリップリ。
カオパット(焼きめし)もヤム(スパイス和えサラダ)もなんでも具はタレー(海鮮)で!
朝ごはんもカオトム(雑炊)の具はタレー。一日中食べていたい美味しさです。
リゾートにありがちな雰囲気だけレストランはほとんどなく、タイ料理ならどこも美味しいのでホテルのおすすめレストランから思い付きの屋台まで楽しめると思います。
お値段は色々ですけどね。

まだまだ魅力のあるサメット島なので、他にも情報が入り次第、更新していきますね!
日帰りも可能ですが、やっぱり泊りがおススメです。
時期にもよりますが、2000バーツ(一部屋)くらいでビーチ沿いのホテルがとれちゃいます。
私はビーチ沿いじゃないゲストハウスに泊まりますが、その場合は900バーツ以下でOK。
やりたいアクティビティなどスケジュールと合わせてホテルも選んでみてくださいね。

コメント