サメット島(タイ ラヨーン県)への行き方まとめ

行き方

バンコクから行きやすくて、海がきれいで、アクティビティも豊富

大好きなサメット島への行き方メモ

※最終観光2018年10月

バンコク~バンペー(ラヨーン県)

まずは高速バスでラヨーン県の港を目指します。
始まりはだいたいここ。どこへでも行けそうなエカマイのバスターミナル。

BTSエカマイ駅のすぐ近く。駅直結のGATEWAYのお隣にあります。
ターミナルの入ってすぐ左手に窓口があります。

BAN PHE KHO SAMED BIG BUS」と書かれた、チャドチャイツアー。


でも実は着くのはアオ プラオ港だったりします。もともとバンペー港だけだったと思いますが、チャドチャイツアーの高速バスが運行するようになって、バスターミナルの真向かいのアオプラオ港がメインになったようです。

ここです。
左隣にある「Sri Ban Phe(バンペー)港」から今も船は出ています。
会社車やチャーター車の時は、バンペー港の方に駐車場がありますし、サメット島のナダン港以外へ着きたい場合などは、そちらから乗るのがいいと思います。

高速バスはAM 7:00から1時間ごとにバスは出ています。
バスの出発時間はこちら。

右側がエカマイ→バンペーの時刻表です。

こちらの窓口で買うと、アオプラオ港からサメット島へ行く往復の船のチケットも買えます。
高速バス(往路)151バーツ + 船(往復)50×2バーツ
バスは日時と座席指定です。事前に買っておくのがおススメ
AM7:00発のバスなら連休でない限り当日でも買えると思いますが、トイレの近くだったり一番後ろの席だったり、4時間耐えるのが大変かも。


ターミナル内。

BIG BUS。大きな荷物も預かってくれます。
中のトイレは正直キレイとは言えないので、事前に済ませておきたいですね。
先にも書きましたが4時間弱かかりますので、乗り物酔いの心配のある人は、お薬忘れずに!
このあと更に船ですよ~。


【第2類医薬品】トラベルミンチュロップ レモン味(6錠)【トラベルミン】


【第2類医薬品】トラベルミン(6錠)【トラベルミン】

ちょうどよいことにバス代に250mlのペットボトルのお水も入っていて、出発後配られます。

エカマイ出発後はしばらくスクンビットを走りますので、早朝じゃないと渋滞して到着時間はどんどん遅くなります

港~サメット島

バスを降りると、磯の香りとお土産物屋さんが。

この奥に船着き場があります。
チケットを見せると、次に乗れる船の時間を教えてくれますので、時間までに桟橋を通って船へ。
帰りのチケットを無くさないように気をつけてくださいね。
ここからは30分くらいです。
二階建てだったので、風を感じに2階へ。

中国人観光客を乗せたスピードボートが転覆する事故があったからか、全員着席&ライフジャケット装着が徹底されてました。
以前は普通に立ってぎゅうぎゅう詰めだったのになぁ。


サメット島のナダン港。メインの港です。
島へは入島税がかかります。20バーツ/人。

チケットを買って、ゲートを抜ける仕組みになっていました。

外へ出るとピックアップトラックを改造したソンテウ(乗り合いタクシー)が待っていて、ホテルや行きたいビーチを伝えると順番に送ってくれます(有料)
もしくは自由に動けるレンタルバイクもありかな。

帰り方

同じナダン港へ行きチケット窓口でチケットを見せると、次の船の出発時間や乗り場を教えてくれます。
持ってなかったらそこで買えます。
バンペーとアオプラオの2つの船着き場があるので、気をつけてくださいね。
チャドチャイツアーで買ったチケットを見せれば、何も言わなくても、ちゃんとアオプラオ行きを教えてくれますのでご安心を。

アオプラオの船着き場についたら、お土産物屋を抜けて、ターミナルへ帰りのバスチケットを買いに…行ってもいいのですが、
実はこの船着き場のボートチケット売り場の右隣でエカマイ行きの高速バスのチケットが買えるんです。
そしてそこから乗れます
バスターミナルを出た後、こちらに回ってきてくれるんです。
出発時間はこちら(再び)

左側がバンペー→エカマイの時刻表です。
この数分後に船着き場へ来てくれます。
座席指定なので安心。
帰りは行きより時間がかかりますので、お薬のタイミングもお気をつけて。

コメント