バンコクで日本の動画を見るならVPNはいかが?

生活

ぼち子の家では、バンコクでも日本の動画が観れます。というのも相方くんがいろいろ設定してくれたから…。
VPNという接続方法を取り入れるわけですが、詳しい説明を教えてもらいました!


タイに住んでいると、AbemaTVなどの日本の動画配信サービスが見れなくてガッカリしたことありませんか?

▲AbemaTVの携帯アプリではこのように表示されますが、ブラウザでは黒い画面のままです…

日本国外からのアクセスを禁止しているからですが、”VPN”を使えばこのような動画も見る事ができます。

VPNについて簡単に説明しますと、日本にあるVPNサーバーを中継して動画サービスへ接続する為、動画サービス側からすると日本国内から接続されているので、タイからでも見られるようになります。

日本のVPNの使用方法には何種類かあります。
無料のVPNを利用する
・”VPN機能付きルーター”を日本の実家や友人宅に置く
有料(月極め)のVPNを利用する

◆無料のVPNを利用する
VPN  Gate を利用してみましょう。
日本の筑波大学が学術的な研究を目的として運営されているオンラインサービスを利用します。

メリット:
無料
デメリット:
・通信が不安定なときがある。
頻繁に接続先変更をしなければならない。
・通信を傍受される可能性がある。

では、早速VPN  Gateのページに行ってみましょう。
https://www.vpngate.net/ja/

トップページの「あなたの国・地域」の所が”Thailand”になっていますよね?

▲これが”Japan”になれば、動画が見れるはずです。

トップページをさらに下へ行くと、国旗の並んだ一覧表があります。

この表はボランティアVPNの一覧表で、世界の様々な国から提供されています。
国旗と国名がVPNサーバーのある国を示しています.

▲Windows&AndroidではMS-SSTPを、Mac,iPhoneではL2TPを使用すればよいかと。

おすすめはOpenVPNですが、アプリのインストールが必要となります。

しかし、アプリさえインストールしてしまえば、煩わしいサーバーアドレスの入力などが不要で設定が簡単です。

接続方法は以下のVPN  Gateのページに載っていますのでご参照ください。https://www.vpngate.net/ja/howto_l2tp.aspx

OS を選択

注:サーバー管理者の悪意・故意により、通信を傍受される可能性があります
今回の目的は動画視聴なので問題ないとは思いますが、念のため漏れるとまずい内容の通信は行わないようにしてください

◆”VPN機能付きルーター”を日本の実家や友人宅に置く

VPNサーバーの機能が付いたルーターがあります。単体でVPNサーバーとして機能します。

「ルーターとは…?」についての説明は割愛させていただきますが、日本にあるルーターをVPNサーバー機能が付いたものに交換すると、日本所在のVPNサーバーとして機能します

このルーター経由で動画サービスにアクセスすると、日本国内からの接続となりタイからでも動画が見られるようになります。

尚、ネット環境のある日本の実家や友人宅にあるルーターを交換するため、日本で設置しなければならないという手間があります…。
タイのお宅のルーターを交換するのではありません

メリット:
・既知の人のルーターに接続するのでセキュリティ的に安心
専用に使えるので、不安定になりにくい
デメリット:
VPNサーバー機能付きルーターが必要
日本にネット環境が必要

「無線LANは不要」という環境であれば、無線無しタイプがおすすめです。
安く導入できます。


PLANEX/プラネックスコミュニケーションズ 10/100Mbps 有線タイプVPNルータ 4ポート VPN-41FE

Wi-Fiルーターも最新式は1733Mbpsと激速なので、この際買い替えるといいかもしれませんね。(設置先には喜ばれるかも?)

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター 11ac 1733+300Mbps IPv6 WN-AX2033GR2/E

サーバーアドレスやパスワードは自身で設定したものになり、知らない人はアクセスできません
設定方法は機器により異なるので、付属の説明書をご参照くださいませ。

尚、端末側の設定は基本的にVPN`Gateでのやり方と同じですので割愛させていただきます。

有料のVPNを利用する

VPN 有料」とググればたくさんの情報が出てきますが、有名どころを3つご紹介いたします。

①CyberGhorst
メリット:
年契約にすると価格が安い(1か月契約:$12.99/月、6か月契約:$7.99/月、12か月契約:$5.25/月)
デメリット:
・日本語環境なし。
Netflixは非対応

②マイIP
メリット:
日本語環境あり(日本の会社。サポート含む)
デメリット:
・価格がちょっと高め(約¥1,080/月)
・固定IPの為、同時に複数台使用できない

③ExpressVPN
メリット:
日本語環境あり(但し、サポートなし)
デメリット:
価格がちょっと高め(1か月契約:$12.95/月、6か月契約:$9.99/月、12か月契約:$8.32/月)
Huluは非対応

▲それぞれ一長一短がありますので、用途や予算に応じてご検討ください。

◆所感

タイもインターネットのスピードも早くなりました。
我が家はAIS Fibreは50Mbps(599バーツ/月)の契約ですが、実測32bpsほど出ますので動画視聴にもあまりストレスありません。
AbemaTVでは、釣り/音楽/麻雀/アニメ/…などのコアな専門チャンネルが無料で見れ、コンテンツによってはネット放送でしか見れないモノも出てきています。

また、インターネットの動画サービスは無料・有料と様々なものが増えてきており、今後のそのサービスはさらに充実・向上していくものと思われます。
既に我が家ではVPN必須となっております。まずは無料で試してみてください。

コメント