タイ バンコクで定期預金♪銀行の利率を比較!

生活

またまた相方くんからネタをいただきました
先輩奥様からも、駐在するなら定期預金!とおススメいただきますが、実際どこでやればよいやら…
といううわけで、相方君が調べてくれました。皆さんのご参考になれば幸いです


日本は世界的にみて金利が低い状況が続いてることは、皆様すでにご承知のことと存じます。

例えば仮に、日本の大手銀行で定期預金をしており年0.01%の金利だったとします。
ここへ100万円を預けたとしても、一年間で100円しか貰うことができません…。
100円=大体30バーツ弱。地方で屋台のクイティアオ1杯食べれるのか?くらいのお金しか貰う事ができないのです。
「既に預金が100億円あるから0.01%でも年100万貰える」お方ならともかく、これはもう定期預金でお金を増やすのは無理に等しい状況…。

・・・対して、タイで定期預金した場合の金利とは、いくらくらいなのでしょうか。


◆参考までに、タイの銀行定期預金の金利

以下は、バンコクでよく見かける大手4銀行の定期預金口座の金利(2018年10月)です。
(各銀行によりもっと高金利なプランがありますので、もし預金なされる際には各銀行にご相談されることをお勧めします)

Siam Commercial Bank(サイアムコマーシャル銀行 通称:SCB)

3か月1.00%
6か月1.25%
12か月1.50%

・最新レート
https://www.scb.co.th/en/personal-banking/rates-fees.html

▼Bangkok Bank(バンコク銀行)

3か月1.00%
6か月1.25%
12か月1.50%

・最新レート
https://www.bangkokbank.com/en/Personal/Other-Services/View-Rates/Deposit-Interest-Rates

▼Krungsri Bank(アユタヤ銀行 通称:クルンシィ)

3か月0.90%
6か月1.15%
12か月1.35%

・最新レート
https://www.krungsri.com/bank/en/Other/Interestratesfees/Depositinterestrate.html

▼KASIKORN BANK(カシコン銀行)

3か月0.90%
6か月1.15%
12か月1.30%

・最新レート
https://www.kasikornbank.com/en/rate/Pages/deposits.aspx?pid=website_article-electric-vehicle

だいたい年1.3~1.5%の金利が貰えそうです。
為替リスクはあるものの、金利は日本より高いです。
100万円で13,000から15,000円くらいになるので、金利だけでクイティアオ100杯/年くらいはいけそうですね。

◆タイにおいても日本語でOK
Krungsri Bank(アユタヤ銀行)は、トンロー支店、エムクオーティエ支店などの店舗に日本語デスクがありますので、気軽にご相談なされてはいかがでしょうか。
https://www.krungsri.com/bank/jp/Japan/how-to-open-account.html#1

尚、Bangkok Bank(バンコク銀行)もシーロム本店 1階 口座開設カウンター内「ジャパンデスク」に、日本語の話せるタイ人スタッフが常駐されているようです。

タイの銀行は日本と異なり、どの銀行も横並びということはなく、銀行によって様々な口座の類や預入れ期間があり、組み合わせによって金利がかなり異なります。

定期より普通預金の方が金利が良い場合もあります。
「今は定期より普通口座の方が金利がいい」とか、分かりやすく教えてくれました。
詳細が分からないと不安な方は、日本語デスクのある銀行をお勧めいたします。


◆注意点
しかし、”利子所得”として他所得と合わせて課税対象となるので、場合によっては申告が必要となります。

ただし、給与所得者(給与収入2,000万円以下)の方で、給与所得以外(利子など)が年間20万円以下の場合は確定申告は不要です。

また、2020年8月よりペイオフの上限が100万バーツに減額されるなどの話もありますので、おこづかい稼ぎくらいに留めておいた方がお気楽かもしれません…。
円と比べて為替リスクはありますが、タイで生活している方にとっては手軽な資産運用方法ではないでしょうか。

コメント